事業者から消費者への、
理想的なサイクルを
実現するために。

ビジネスアナリスト (2013年入社)

MEMBER INTERVIEW 01

ビジネスの本質を
思うぞんぶん追求できる。

そもそも、「機能」は何のためにあると思いますか?

それはお使いになるユーザーのためにある、と私は考えています。だからこそユーザーがより快適に使える機能を追求し、工夫し、挑戦することを意識するようにしています。たとえデザインがよかったとしても、運用時に困る機能であればサイトとしてやってはいけませんから。いいWebサイトを実現するには、実現したいデザインに応じて構築ができて、かつ運用しやすいことが大切なんです。

そのことを念頭に、私は「futureshop」の商品企画を担当しています。企画過程では、新機能・サービス企画・既存機能の改修案を企画。開発過程では、管理画面・ユーザー画面のデザイン・UI検討および、管理画面・ユーザー画面の文言や初期データ作成。リリース・販売過程では、企画した機能やサービスがお客様にご利用いただけるように、社内の各部署へ情報の共有・連携などを行っています。

これらすべては、お客様のお役に立つためにあります。そんなビジネスの本質とも言えることを、スタッフ一丸となり追求できる。そういう風土が、フューチャーショップにはしっかりと根付いています。

本当のところのニーズ、に
ねばり強く応え続ける。

「サイトを運用するうえで、プロの手をかりずに機能やデザインを思い通りに追加したい」というのが、お客様の本当のところのニーズだと思うんです。

そんなWebサイト、ECサイトの「本当の要求」に対して、高機能・わかりやすさ・運用しやすさを実現するという難しい目標に挑戦したのが、コマースクリエイタープロジェクトでした。当初は社内でも「実現は難しい」という話にもなりました。しかし、どうしてもつくりたかった。コマースクリエイターという機能により、ECサイトの運用がもっと快適になるのだから!

あきらめずメンバーと試行錯誤を繰り返し、3年の歳月を経てようやく完成。リリースできたときは感動的でした。今後はさらにこの商品の素晴らしさを、一人でも多くの店舗様、制作会社様にわかっていただけるようにしていきたいですね。

夢は、ECサイト運営事業者様が必要とするサービスをすべてお届けすること。なぜなら私たちの仕事の本質は、事業者から消費者へ、商品という価値をお届けするサイクルを理想的なものに近づけることだからです。

Think Future. future shop RECRUIT 2019

ヒトテクノロジーで次のスタンダードを創る。
多くの可能性に満ちた、
あなたのご応募をお待ちしています。